学生ローン

学生ローンを利用する間に知っておきたいとこと

ーまずは審査から見てください

 

学生がローンを組もうとすると20歳以上の場合は、親の同意が必要なく自分の名前で契約することができます。親にバレないように利用したい学生にはうれしいと思います。

 

 

しかし自分の名前で契約するということは責任を自分で負うということになります。

 

今までは親の同意が必要=親が最終的な責任者になります。何かあれば親がなんとかしてくれる・・・特に迷惑をかけたことないし今回も何も起きない・・・

 

 

という気持ちでいるならまずはこのサイトに記載している内容にさっと目を通してみてください。学生ローンは学生でもローンを組めるという事ですが、お金の貸し借りは本来はしないほうがいいです。お金を貸す方はあなたが思っているよりお金にシビアです。あなたが思っている以上にお金を返済していくことは大変です。

 

 

利率も15%〜16.5%のため12万円ほど借りる毎月1500円ぐらいの利子が上乗せされます。プラス元本返済の1万円も必要です。なんだ1万円1500円の返済かと思っていると、またちょっとお金が必要になって、お金を借ります。事業でもしていれば話しは別ですが、なるべくお金を借りずに予め働いて貯めて使うというほうが健全です。

 

 

それでもどうしようもない事情がある学生もいると思います。ひとりひとり理由は違うと思いますが、自分の名前で契約するなら予めこの学生ローン教室に書いている内容ぐらいは理解しておいたほうがいいでしょう。利用した後でそんなこと聞いていないといっても通用しません。

 

 

だいたいどれくらい借りたらどれくらいの返済なのか、そもそもどのような返済サイクルなのか。借り手いつ返せばいいのか、利息はいつから発生するのか、この答えはサイトを読んでもらえばわかります。

 

 

予めしっておくのと、知らないのでは全然違いますよ。利用するためにまずは知識を身に付けてから学生ローンを組んで下さい。

 

 

 

さらに学生ローンについて知りたい方

 

ー同じ内容を2回読むのは効果的です

 

 

学生ローンの知識を深めるために同じよう内容を別の書き方をしている文章を見るとさらに理解が深まります。文章はよく読めと言われ話ますが、同じ文章を何度も読み返していると飽きてくると思います。そんな気持ちで文章を読むと集中できず理解も深まりません。

 

 

こちらのサイトにも同じような事が書かれておりますが、別の文章のため、改めて読むとそういうことか!と新しい理解や発見が見つけられる可能性があります。

 

 

一度だけ読んで勘違いしていたということはよくあると思います。社会に出てると間違えていました・・・では通用しません。興味ある方はみてみるといいですよ。

 

 

こちらのサイトには具体的にどの会社にどのような特徴があるのか書かれています。会社選びで悩んでいる人も参考になると思います。人それぞれ考え方が違うので、どれがいいというのはありませんが、自分に合いそうな良さげな会社に申し込んでみると良いと思いますよ。

 

※参考サイト: